top of page

おせち予約受付中


お正月に最高のまぐろが食べたいとの声にお応えしてやっております。


年末は市場やアメ横や築地などでマグロや海産物を買いに行く方も多いと思います。


この時期お客様からも「良いまぐろの見分け方」をよく聞かれます。


答えを先に言っちゃうと「一般の人には無理」


元も子もない言い方ですがそれだけマグロの目利きは難しいです。

プロでも難しいのが現状です。


一般的には筋が等間隔とか色がくっきりなどありますが。。。


まぐろの種類や産地、獲れた方法や冷凍や生、天然や養殖、これらの複雑な組み合わせも考慮しなければなりません。


そして一番やっかいなのが個体差です。


よく「大間のまぐろが良い」と言いますが大間産でも良くないものもあるのです。


○○産の何マグロなら良いとは一概に言えないのが現状です。

ましてや年末はまぐろが一番高い時期ですのでぼったくり店も現れます。


なのでお客様には信頼できるお店で買うことをオススメしています。

普段買ったり食べたりしていてこのお店はちゃんとしてるという信頼がある店で買うのがよろしいかと思います。


という訳で当店が信頼おけると感じる方はぜひご予約いただければと思います。


12/30 14:00~20:00店頭でのお渡しです。

ご予約の際はだいたいのご来店時間をおしらせいただけると助かります。

お時間にあわせて仕上げます。


ご予約は047-315-8535までよろしくお願いいたします。



閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先入観があると見えない景色がある

先入観とは 前もっていだいている固定的な観念。それによって自由な思考が妨げられる場合にいう。先入見。先入主。「—にとらわれる」 デジタル大辞泉 言い換えると通説や自身の経験から「こういうもんだ」という思い込み またはステレオタイプ的な思考停止または最大公約数的な大雑把なイメージ そして「先入観によって自由な思考が妨げられる」と辞書にある。 つまり先入観があると真実がみえなくなるらしい。 目次 先入

日本酒ワークショップ

なぜワークショップ? ワークショップ=体験型の講座 らしいです。 私の飲食店では自分が「旨い」と思ったものを提供してきました。 料理でもドリンクでもお客様と私の価値観のズレはもちろんあります。 好みの問題だったり好き嫌いもあります。 それをどう伝えるかもプロとしての腕のみせどころです。 しかし「日本酒」だけはそれを超えた大きな壁を感じました。 その壁は「先入観」です。 つまり、一般的に思われている

Comentários


bottom of page