top of page

日本酒にこだわる理由

当店にご興味を持っていただいてありがとうございます。


日本酒が好き。または日本酒に興味がある方にご理解いただきたいことがあります。



当店は「日本酒が豊富な店」「有名銘柄を置いている店」ではありません。


「日本酒の魅力を発信する店」だということです。



日本酒の世界では魂を込めて誠心誠意造られている醸造家がたくさんおられます。


しかしながら、その本当の魅力を理解して楽しんでいる消費者の方はそう多くはありません。


消費者だけでなく、我々提供する側でも「思い込みと誤解」で日本酒を選び飲んでいます。


その現状を「間違い」「知ったかぶり」と批判するのではなく


「こんな楽しみ方がありますよ」と提案して実際に体験していただくスタイルをとらせていただいてます。


その為、時には「ウザイ」と感じる場面もあるかもしれませんが怒ったりダメ出しすることはないのでご容赦くださいませ。


「何だかめんどくさい店」とお感じかと思いますので、どういう提案をしているのか一例を紹介いたします。



「辛口」以外の日本酒ボキャブラリーの提案。

いまや「辛口はうまい」は「日本人は良い人」みたいに曖昧な表現になっています。日本人という大きなくくりではなく「東北の人は」「千葉県は」という感じに「辛口」を細分化してご紹介しています。


燗酒を選択肢のひとつに。

「日本酒は本来、燗で飲むのが常識」江戸時代に冷蔵庫はありません。

冷酒が日常になったのは平成以降です。

燗酒には誤解と勘違いが多く本当の旨さを楽しんでいる方が少なすぎます。

選択肢の中に入れる提案を体験していただいてます。


ラベルの見方を覚えて日本酒選びの参考にする。

難しそうな用語のポイントをわかりやすく解説しています。

言葉の意味だけでなく重視するべき基準や自分好みの日本酒の見つけ方などを体感していただきます。


銘柄のエピソードや蔵元の裏話などを知ることでより考え深い味を体感していただきます。



上記はほんの一例ですが、蔵元の思いを共有することで楽しみ方は広がります。


皆様が日本酒をより一層楽しめるようにお手伝いさせていただいております。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先入観があると見えない景色がある

先入観とは 前もっていだいている固定的な観念。それによって自由な思考が妨げられる場合にいう。先入見。先入主。「—にとらわれる」 デジタル大辞泉 言い換えると通説や自身の経験から「こういうもんだ」という思い込み またはステレオタイプ的な思考停止または最大公約数的な大雑把なイメージ そして「先入観によって自由な思考が妨げられる」と辞書にある。 つまり先入観があると真実がみえなくなるらしい。 目次 先入

日本酒ワークショップ

なぜワークショップ? ワークショップ=体験型の講座 らしいです。 私の飲食店では自分が「旨い」と思ったものを提供してきました。 料理でもドリンクでもお客様と私の価値観のズレはもちろんあります。 好みの問題だったり好き嫌いもあります。 それをどう伝えるかもプロとしての腕のみせどころです。 しかし「日本酒」だけはそれを超えた大きな壁を感じました。 その壁は「先入観」です。 つまり、一般的に思われている

Comments


bottom of page